KBSセミナー同窓会 開催報告



開催報告

日吉キャンパスの銀杏並木が金色に色付き始めた2011年11月26日(土)の午後、慶應義塾大学ビジネス・スクールのセミナー同窓会を開催いたしました。

 今回が初めてのセミナー同窓会にも関わらず、開催案内から1週間も経たないうちに、当初の定員を大幅に超える申し込みをいただき、急遽定員を拡大しての開催となりました。当日は、約80名のセミナーOB・OGの方々が出席され、関東はもちろん、関西や九州から駆けつけてくださる方もいらっしゃいました。年末のご多忙の中ご参加いただいた皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

セミナー同窓会は、河野宏和 慶應義塾大学ビジネス・スクール校長からのウェルカム・スピーチで幕を開けました。続いて、山根節教授の新作ケースを使用したケース・メソッド授業が開講されました。授業の前半では、8名前後に分かれてのグループディスカッションを行いました。馴染みの同期との再会に沸いたグループも、初対面の人たちと新鮮な議論を交わしたグループも、それぞれに大いに盛り上がりました。後半は、山根節教授による全体ディスカッション。通常のセミナーよりも人数が多いため、もっと発言したかったという積極的な声もありましたが、久々のケース・メソッドの雰囲気を存分に楽しんでいました。授業終了後は、全員で記念撮影を行い、交流会へと移りました。お酒と料理を手に和気藹々とした雰囲気で、中締めの後も多くの方が会場に残り、時間を忘れて交友を温め、交流を深めておられました。

 今回の参加者アンケートでは、「過去にKBSセミナーを受講して成長したと感じることが日常業務においてあるか」という問いに、9割を超える方々から「(成長の実感が)ある」と回答をいただきました。また、「同僚や部下に勧めたいと思うか」という問いに、8割強の方々から「(勧めたいと)思う」と回答をいただきました。具体的に「KBSセミナーを受講して良かった点」として、「仮説を作る能力の向上」「視野の拡がり/多様な見方の習得」「自分の業界、業態に捉われず、物事を考えられること」「意思決定の判断基準/考え方の手順を得た」などの回答が特に多く寄せられました。

 KBSは1962年の創立以来、経営人材の育成に努め、来年創立50年の節目を迎えます。KBSの各種セミナーの修了生はこの49年間で17,000名を超えています。セミナーの大きな目的は、経営に関わる知識やスキルを体得していただくことにありますが、同時に、異なる業種の方々と討議してネットワークを築いていただくことは、実務において極めて大切であると考えています。

お陰様で今回のセミナー同窓会の参加者の方からも「継続して欲しい」「次回もまた参加したい」という声を多数いただきました。今後も定期的にセミナー修了生の皆様に交流していただく機会を作って参ります。次回は2012年5月頃を予定しております。改めて後日ホームページにてご案内いたしますので、今回日程が合わずご参加いただけなかった方も、次回はぜひご参加いただきたく、宜しくお願い申し上げます。

第1回KBSセミナー同窓会(2011年11月26日)概要報告

参加者

慶應義塾大学ビジネス・スクールのセミナーを修了された方(79名)

日 時

2011年11月26日(土)13時30分~19時00分

会 場

慶應義塾大学ビジネス・スクール 日吉キャンパス協生館4F

プログラム

13:00~13:30 受付
13:30~13:45 開会挨拶
ケースメソッド授業
  13:45~15:15 グループディスカッション
  15:15~15:30 休憩
  15:30~17:30 全体ディスカッション、ラップアップ
17:30~18:00 移動
18:00~19:00 交流会(キャンパス内ファカルティラウンジにて)

講 師

山根 節(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)

使用ケース教材

「楽天<a>-創業から成長期まで」

「楽天<b>-2010年代の成長に向けて」

お問い合わせ

慶應義塾大学ビジネス・スクール
担当 服部(ハットリ)/河野(コオノ)/小寺(コデラ)/町田(マチダ)
Tel:045-564-2440 Fax:045-562-3502
E-mail: seminar@kbs.keio.ac.jp

PAGE TOP