生産

ichikizaki osamu

市来嵜 治

ICHIKIZAKI, Osamu

専任講師(有期)

1999年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業、2001年同大学大学院理工学研究科修士課程修了、2007年同博士課程単位取得退学、同年博士(工学)(慶應義塾大学)取得。2009年慶應義塾大学理工学部管理工学科助教(有期)。2014年成蹊大学理工学部助教(有期)。2015年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科専任講師(有期)。

専攻分野

  • 生産政策
  • インダストリアル・エンジニアリング

担当授業

  • 生産政策
  • 経済性分析
  • 生産システム設計論
  • 日本における生産管理Ⅱ

主要著書・論文

  • "Devising a Training Method for Assembly Work by Employing Disassembly" (Industrial Engineering & Management System, Vol.12, No.4, 2013)
  • 「小型現像機を対象にしたスペアパーツの注文数の推定方法および在庫保有の方針に関する研究」(経営情報学会誌, Vol.21, No.4, 2013)
  • 「全社的5S活動の定着化」(IEレビュー, Vol. 52, No. 3, 2011)
  • 「作業手順習得中における間違いが習得に及ぼす影響に関する基礎研究」(人間工学, Vol.46, No.6, 2010)
  • 「需要変化点の自動抽出方法に関する研究」(経営情報学会誌, Vol.19, No.1, 2010)
  • 「3Sの活性化や定着化の要件」(IEレビュー, Vol. 51, No. 3, 2010)
  • 「手順習得済の作業者が起こすミスに関する基礎研究」(人間工学, Vol.42, No.3, 2006)
  • 「一度に訓練する要素作業の量が訓練の効率に及ぼす影響に関する基礎研究」(人間工学, Vol.41, No.3, 2005)
  • 「情報習得を容易にするための作業設計に関するガイドラインの提案」(人間工学, Vol.38, No.4, 2002)

PAGE TOP