特任教員

shankar savita

シャンカー サヴィータ

SHANKAR, Savita

特任准教授

インドのデリー大学経済学部を卒業(1991年)後、同大でファイナンス専攻のMBAを取得(1993年)、さらにシンガポール国立大学(NUS)にて公共政策学の博士号を取得(2011年)、その間NUSにてマイクロファイナンスの授業を担当した。Asian Institute Management(AIM)では、ノンレジデント・リサーチフェローとして開発マネジメント修士課程で教鞭を取った。 実業界における職務歴としては、インド輸出入銀行を経て、ICICIバンクにて10年間の勤務経験がある。またアジア開発銀行とNUSの共同研究としてパキスタンにおけるマイクロファイナンスセクターの研究に従事してきた。他にもフィリピンにおける住宅購入時のマイクロファイナンス、カンボジアにおける衛生のためのマイクロファイナンスプロジェクトを主導するなど、多彩な現場経験を有している。

専攻分野

  • マイクロファイナンスとファイナンシャル・
    インクルージョン
  • 中小零細企業
  • ソーシャルアントレプレナーシップ

担当授業

  • ソーシャルアントレプレナー
  • アジアにおける社会的イノベーション

PAGE TOP