国際単位交換プログラム

国際化の進展に伴い、1988年度に海外の定評あるビジネススクール(経営大学院)との間で、国際単位交換プログラムを発足させました。修士課程に在籍するKBS学生は選抜の上、2年次の2学期(3~4カ月間)に北米、欧州、アジアの提携先ビジネススクールに留学することができます。一方、提携先ビジネススクールからは2学期および3学期に留学生を受け入れ、留学生とKBS学生が共に学べる英語の授業を開講しています。プログラム発足以来、毎年15~20名の交換留学を継続しています。

グローバル化は時代の要請ではありますが、これだけ大きな規模で、海外のトップビジネススクールと単位交換形式の国際プログラムを実践しているビジネススクールは国内では他に見られません。

本研究科生の派遣

国際単位交換プログラムに参加する学生は2年生の2学期、約4カ月間を提携先の海外ビジネススクールで過ごし、そこで履修した科目がそのままKBSの単位として認定されます。
海外へ留学するためには、一定の英語力と学業成績をクリアし、面接に合格することが必要です。交換留学先での授業料と登録料は免除となります。応募資格、応募方法、応募期間、審査方法などの詳細は、毎年1年次の2学期に説明会を開催します。

提携校からの留学生受入

異なった文化的背景や考え方を持つ海外の優れたMBA学生を受け入れ、国際語である英語をメディアとして学ぶ機会を提供するために、第2学期(9月~12月)、第3学期(1月~3月)に、英語による専門科目を設置しています。海外へ留学しなくても、英語で開講される専門科目を履修することで、KBSにいながらにして海外からくる学生たちと交流をし、国際感覚を身につけることができます。

提携校

以下の海外ビジネススクールと単位交換協定を結んでいます。

アジア・オセアニア

欧州

北米

南米

アフリカ

(地域別・アルファベット順)

PAGE TOP