2011.09.16

新設科目「経営実務講座-同窓生から現役生へ」について

この度、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(通称・慶應義塾大学ビジネス・スクール、KBS)では、KBSの同窓生を招聘して講演と質疑を行う「経営実務講座 ―同窓生から現役生へ―」を修士課程の自由科目として新設します。

KBSがこれまでに輩出した同窓生は3200名を超え、世界各地、様々な業界のビジネスの最前線で活躍しています。彼らが直面してきた課題や課題解決の工夫・苦労は、ビジネススクールで学ぶ者にとって、まさに生きた教材であり、その知見を共有してもらうことは、これからビジネスリーダーとして社会を先導していく現役学生にとって、貴重な学習の機会になるとの考えが背景にあります。
講義では、業界・エリアに関するユニークな知見や、経営実務の現場における成功・苦労両面からのリアルな実体験(教科書では分かりにくいこと)、およびそこから得られた視座についてお話しいただきます。また、ビジネス面での話題や内容にとどまらず、KBSで学んだことが卒業後のキャリアどのように役立っているか、KBSで学ぶ機会をどう活用すべきか、同窓生として在校生に伝えたいこと等のメッセージを伝えてもらうことで、同窓生と現役学生の活発なディスカッションと交流の場となることを期待しています。

<科目名>
「経営実務講座 ―同窓生から現役生へ―」

<開講スケジュール>
2学期 木曜5限(16:30~18:00)。全10セッション。

<履修対象者>
・経営管理研究科の修士課程在学中の学生
・経営管理研究科の修了生、博士課程在学中の学生も聴講可
※一般の方の聴講は受付けておりませんので、予めご了承ください。

<担当教員>
河野宏和、磯辺剛彦

<2011年度 授業日程>

●9月22日 「高齢者ビジネスにおける起業」
阿部信子氏(M13):ウェル・ナビ代表取締役社長

●9月29日 「ブランドの作り方、C職になるためのキャリアプロセス」
田中伸一氏(M9):元グッチ・グループ・ジャパン代表取締役社長

●10月13日 「投資ビジネスの現場から」
會田英正氏(M14):三井住友銀行投資営業部副部長

●10月20日 「社内起業家としての歩みを振り返って」
町田潔氏(M13):ウチダスペクトラム代表取締役社長

●10月27日 「『至高の仕事体験』、大手コンサルティング企業からの独立体験」
江田郁代氏(M14):リビングロース・コンサルティング代表取締役社長

●11月10日 「合弁事業における経営管理者、ネット時代のニュース事業者」
高松孝光氏(M13):日経CNBC常務取締役

●11月17日 「新規事業経営の醍醐味」
河原成昭氏(M5):ローソン上級執行役員CEO補佐 兼九九プラス代表取締役副社長

●11月24日 「日本経済の活力~中小企業のマネジメント」
池田佳隆氏(M14):三興コロイド化学代表取締役社長(2006年度日本JC会頭)

●12月1日 「外資系企業日本法人責任者、インドのIT事情や人材マネジメント」
北上由香氏(M13):エムファシス・コーポレイション日本代表

●12月8日 「戦略コンサルティングファームにおけるキャリアと業界動向」
杉田浩章氏(M14):ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター・オブ・ジャパン、日本オフィス統括責任者


<お問合せ先>
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 委員長室
担当 平田(ヒラタ)/小寺(コデラ)
[TEL] 045-564-2020  [FAX] 045-562-3502
[E-mail] deans_office@kbs.keio.ac.jp
 

PAGE TOP