2013.02.25

講演会開催報告:メディファーム株式会社 代表取締役社長 裵英洙 氏

2013年2月19日、慶應義塾大学日吉キャンパス協生館において、KBSのOBである裵英洙氏をお招きし、「トリアージ仕事術~KBSのでの学びを活かした業務効率化」をテーマにご講演いただきました。医師である裵氏は、田中滋教授のもとでヘルスケアポリシー/マネジメントを学び、KBS在学中に医療機関再生コンサルティング会社、メディファーム株式会社を起業されました。現在は、医師・コンサルタント・経営者としてご活躍中です。

_DSC0892.jpg

今回の講演のテーマである「トリアージ」とは、医療現場で使われている技術で、病気やケガの緊急度や重症度を判定し治療や後方搬送の優先順位を決めることです。一見マネジメントには関係がないようですが、様々業務に追われる経営の現場でも業務に優先順位をつけ、ハイパフォーマンスを出すためにこの「トリアージ」の手法が有効であるとわかりました。学生時代の思い出や起業するに至った経緯、信念を持ち続けることの大切さなど、自身の経験を基にしたお話は非常に興味深いものでした。
このような年代を超えた同窓生との繋がりもKBSの大きな強みです。社会で活躍する同窓生の講演は、学生生活をどう過ごすべきか、また卒業後いかにキャリアを形成していくかを考える上で我々在校生に大きな示唆を与えてくれました。
修士1年生(M35)
酒井 啓江
_DSC0914.jpg
_DSC0920 (1).jpg

PAGE TOP