2013.08.05

講演会開催報告:日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表  村口和孝氏

2013年6月19日、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表である村口和孝氏の講演会が、学生主催で慶應義塾大学日吉キャンパス協生館にて開催されました。

村口氏は、独立系ベンチャーキャピタリストとして、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)や株式会社ウォーターダイレクトをはじめとした数々の企業のスタートアップを支援し、上場へと導いてきました。KBSにおいてもアントレプレナー系の講義の講師を務めておられます。

今回は、『KBSから新規上場ベンチャーを、連続的に生み出す方法論』という内容で講演いただきました。在校生のほかKBS修了後に起業したOBの方々にもご参加いただき、熱心な議論が交わされました。講演会後には懇親会も行われ、交流を深めることができました。

村口氏の経験に基づいた講演を通じて、起業家精神に触れることができ、起業することの魅力を感じました。また既存の会社組織を変えることだけでなく、ゼロから事業を立ち上げる過程でも、KBSで学んだことが大いに活かせる機会があることを学びました。

ハーバードMBAやスタンフォードMBAの修了生の多くが起業家を目指すと言われています。今後もこのような機会を通じて、KBSから日本の未来を支えるような企業が誕生することでしょう。

修士2年生(M35)

河村美喜子

IMG_0358.JPG

PAGE TOP