2014.07.15

学外MBA交流会報告:ヘルスケア業界クラブ

学外MBA交流会報告:ヘルスケア業界クラブ

医療・介護・ヘルスケア関連業界に興味がある国内外のMBA現役生・卒業生が参加する、ヘルスケア業界クラブ「Med Change Makers (Japan MBA Healthcare Club)」の交流会が、2014年5月12日に都内の会議室で開催されました。
今回は、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社 堤裕次郎氏をお迎えし、「病院経営戦略で考えるべきポイント~『BCG流病院経営戦略』からの示唆~」をテーマに講演会を開催しました。堤氏からは、ボストンコンサルティンググループにご所属時代のご経験をもとに、日本の医療制度の光と影や病院経営の特徴と課題を解説して頂きました。
2012年度にクラブが発足して以来、7回目の交流会となる今回は、国内外のMBA校から40名以上が参加しました。講演の様子はインターネット上で、大阪のMBA校の教室にも中継されました。参加者からは、「初学者にも分かり易かった」「今後の病院経営において考える視点がわかった」などのフィードバックを頂くことができました。
このクラブでは、MBAという共通点を通して、学校や職種等のそれぞれの立場から一歩外に出て話し合うことにより、より多くの学びを得ようと活動しています。このような交流会の企画やクラブの運営は、日常の学業と両立するのは大変ですが、より一層学業に励む刺激になっています。

修士2年(M36) 島久美子

                                                                                                                                              

P5120473.JPGのサムネイル画像

PAGE TOP