2015.03.10

【2015.03.22開催】グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育 Grand Design by Japan  2014年度,フォーラム(5) の申込受付を開始しました。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科
グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
Grand Design by Japan 
2014年度,フォーラム(5)
2015年3月22日(日曜日)13:00-18:30
『食と物流―健康のインフラストラクチュアの検討』

平成26年度,慶應義塾大学次世代研究プロジェクト推進プログラム,「専門融合型・世代縦断型研究による健康寿命延伸のグランド・デザイン提示の予備的研究」 共催プログラム
 
人口減少,高齢化する日本ではもちろん,世界の人々の健康の増進には食と物流がきわめて重要な要因です。しかし,食の科学的分析については意外に知られていません。また,食の物流の重要性についても見落とされがちです。そこで,今回は食と物流に焦点をあて,最先端の3人の講演者をお招きし,講演と討議を行います。

開催趣旨説明 
13:00-13:10 オリエンテーション
13:10-14:40 講演第1部 佐々木敏講師(東京大学医学研究科教授) 
講演・討議 「食と健康の科学:なぜ真実は広まらないのか?」

内容: 健康を実現する食事の観点から,この分野で最先端の研究を主導する佐々木講師をお招きし,栄養素,慢性疾患,地中海食などについて最新の科学的知見を提示していただきます。http://www.nutrepi.m.u-tokyo.ac.jp/

14:50-16:20 講演第2部 薬師寺哲郎講師(農林水産省 農林水産政策研究所上席主任研究官)
講演・討議「高齢者の健康と食品のサプライチェーン」

内容: 食品のサプライチェーンについて最先端の研究を続ける薬師寺先生をお招きし,食品へのアクセス問題,いわゆるフードデザート問題を人口動向などの食料品の需要面と店舗数などの供給面の両面から分析します。
http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/kenkyuin_syokai/yakusizi_teturo.html
サプライチェーンプロジェクト http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/project/index.html
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2014/pdf/20141021.pdf

16:30-17:30 講演第3部 黒田善徳講師((有)オネスト・ジョン・ジャパン(日本) 代表取締役)      
講演・討議 「日本食・食品の海外普及と日本食の世界食化について」
内容: 「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録され,農林水産省は,2020年に農林水産物・食品の輸出総額1兆円を目標として掲げています。日本の食品や農産物を海外で販売することに永年にわたり主導してきた黒田講師により,同氏が2008年からオランダ市場で取り組んだ「海外における日本食・日本食品の普及モデルづくり」の経験をもとに,日本食ブームの実態と課題,これからの日本食・日本食品の普及についてお話をいただきます。

日程  2015年3月22日(日曜日)13:00-18:30
場所  慶應義塾大学日吉,協生館 5F エグセキュティブ・ルーム
地図:http://www.keio.ac.jp/ja/access/hiyoshi.html
実施方法 事前登録制による公開ワークショップ型の基調講演と討議
実施主体 慶應義塾大学大学院経営管理研究科「ビジネス・教育研究開発室」ならびに「グランド・デザイン策定の融合型教育プログラム」keio.grand.design@gmail.com
企画・監修 姉川知史 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授
参加料金 無料公開,事前申し込みをお願いします。

申込方法 
方法1 末尾の内容をkeio.grand.design@gmail.com あるいは045-562-3502 (Fax) にお送りください。同じものはhttp://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/
http://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/index.htmlからもダウンロードできます。
方法2 メールフォーム http://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/infoforum.html
方法3 下記に氏名その他を御登録いただければ今回の参加申し込みができ,さらに,今後の企画案内送付を差し上げます。
https://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/application/

詳細はこちら

PAGE TOP