2015.04.02

2014年度 ヘルスケア・マネジメント・イノベーション寄附講座セミナー 開催報告

 2014年度、経営管理研究科に発足した「ヘルスケア・マネジメント・イノベーション寄附講座」の活動の一環として、2015年2月21日・2月28日・3月21日の3日間に渡る特別セミナーを開催しました。本セミナーでは、経営管理研究科、医学部、健康マネジメント研究科、政策・メディア研究科などから講師陣が横断的に集まり、医療・介護経営に貢献する人材の育成を目的に講義やケースディスカッションを行いました。

<セミナー内容(登壇順)>

  • レクチャー「日本の医療政策: 課題と展望」 講師:田中滋
  • ケースメソッド授業「ヘルスケア分野における多職種・多機能間連携:オムニバスケース」 講師:中村洋
  • レクチャー「医療事故と安全管理」 講師:前田正一
  • レクチャー「医療政策におけるタスクシフトと他職種マネジメントの動向と現場の対応」 講師:大藪毅
  • ケースメソッド授業「洛和会音羽病院 病院経営と情報戦略」 講師:洛和会ヘルスケアシステム 児島純司、ファシリテーター:秋山美紀、コーディネーター:武林亨
  • ケースメソッド授業「日本の高齢者ケア:社会システム経営の革新」 講師:田中滋

 総勢40名の受講者は、病医院などの臨床現場の医療職・事務職、ヘルスケア関連企業 経営者・社員や大学院生など、多岐にわたるバックグラウンドの方々が集まり、ディスカッションを通して交流を深めていらっしゃいました。受講者からは、「久しぶりに脳ミソに汗をかいた」「自分が仕事で関わっている分野だけでなく、業界全体の理解が深まった」「普段接点がない職種の受講者とディスカッションができて勉強になった」などのポジティブなフィードバックをいただきました。

以上

P3210519.JPGのサムネイル画像 P3210501.JPGのサムネイル画像

IMG_1070.JPG

PAGE TOP