2015.09.11

【2015.10.06開催】グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育 Grand Design by Japan  2015年度 フォーラム(3) の申込み受付を開始しました。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科
グローバル・ビジネス・フォーラムによる
日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
Grand Design by Japan 
2015年度,フォーラム(3) 
2015年10月6日(火曜日)13:00-18:30
『長寿とWell-beingの科学-最先端の理論と社会』
後援 慶應義塾大学スーパーグローバル事業 長寿クラスター

プログラム
長寿の自然科学は急速に進展しています。他方,加齢と幸福の関係についても新しい知見が人文科学,社会科学で蓄積されています。長寿に関する自然科学と,加齢と幸福に関する人文科学,社会・経済に関する社会科学の3つを結び付ける視点を概観します。それぞれの分野の最先端でご活躍の3人の講師をお招きします。第1の講師は,ワシントン大学医学部(米国ミズーリ州セントルイス)で,遺伝子レベルから老化と寿命のメカニズムを解明すべく最先端研究を主導する今井眞一郎教授をお招きし,理論が経済に与える影響についてご議論いただきます。第2の講師として,文部科学省の原克彦ライフサイエンス課長をお招きし,ライフサイエンスを中心とした科学政策についてご議論いただきます。第3の講師として,慶應義塾大学理工学部の高山緑教授に,高齢者の心理と幸福の研究の最前線をご紹介いただきます。

13:00-13:30 開催趣旨説明 姉川知史(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授),名取幸和(バイオシンクタンク代表取締役) 
オリエンテーション:健康的加齢に関する本プログラムの取り組み,課題設定
姉川知史『加齢に関する医療経済学の現状』
14:00-15:30 講演1 今井眞一郎 ワシントン大学医学部教授 「Productive Agingを目指して:老化•寿命を制御するメカニズムと抗老化方法論の確立」
15:30-17:00 講演2. 高山緑,慶應義塾大学理子工学部教授 「加齢とWell-being」
17:00-18:30 講演3.原克彦 文部科学省ライフサイエンス課長「ライフサイエンス政策の最先端」

場所  慶應義塾大学日吉,協生館 5F エグクティブセミナールーム。
地図:http://www.keio.ac.jp/ja/access/hiyoshi.html
実施方法 事前登録制による公開ワークショップ型の基調講演と討議
実施主体 慶應義塾大学大学院経営管理研究科「ビジネス・教育研究開発室」ならびに「グランド・デザイン策定の融合型教育プログラム」keio.grand.design@gmail.com
企画・監修 姉川知史 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授
参加料金 無料公開,事前申し込みをお願いします。
動画配信 動画配信も実施します。また,過去のフォーラムの動画配信は下記のとおりです。http://www.ustream.tv/channel/keio-grand-design(同時配信)
https://www.youtube.com/user/KeioGrandDesign(事後配信)
案内記録 https://sites.google.com/site/keiogranddesign/
申込方法 
方法1 末尾の内容をkeio.grand.design@gmail.com あるいは045-562-3502 (Fax) にお送りください。同じものはhttp://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/
http://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/index.htmlからもダウンロードできます。
方法2 メールフォームhttp://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/infoforum.html

方法3 下記に氏名その他を御登録いただければ今回の参加申し込みができ,さらに,今後の企画案内送付を差し上げます。
https://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/application/

今後のフォーラム企画
2015年 東日本大震災4年間の研究-各研究成果の共有 
2015年 「国際環境における日本のビジネス」
*今後,取り上げたい企画,御助言などがあれば,担当者の姉川知史まで御連絡ください。
<本プログラムは,慶應義塾の半学半教の精神に基づいて,専門横断的,世代縦断的な少人数融合型の社会人教育により,日本発の世界のグランド・デザインの策定,実現をめざし,将来世代の教育を実施中です。学生,社会人,その他の多様な背景の方々のご参加をお待ちします。事前登録申請をお願いします。>

詳細はこちら

PAGE TOP