2015.10.22

世界ビジネススクールランキング:Eduniversal Worldwide Business Schools Ranking 2015で3年続けて国内1位・最高ランクを獲得しました。

eduniversal.gifのサムネイル画像

慶應義塾大学ビジネス・スクール(以下KBS)は、世界のビジネススクールを評価する
2015 Eduniversal Ratings & Rankings – The Best 1000 Business Schools Worldwide –で、日本地域で第1位となり、最高ランクの5 Palmsを3年連続で獲得しました(http://www.eduniversal-ranking.com/business-school-university-ranking-in-japan.html)。

同ランキングでは世界を9つの地域に分け、定量的並びに定性的データに基づいて、対象とする1,000校をどの地域から何校選定するか決定します。ついで各地域ごとに、個別校の海外に対する影響力、外部評価、教育・研究の質等を考慮して1 palmes leagueから最高ランクの5 palmes leagueまで格付けした後、世界各地のビジネススクールの校長による投票で、各地域の同一palmes league内での順位を決定しています。

KBSは、国際的なビジネススクールのネットワーク(AACSB、EFMD、AAPBS、PIM等)での積極的な取り組みや貢献、海外校とのダブルディグリープログラム(仏ESSEC、仏 HEC、独 WHU)、国際共同研究・授業(CKJワークショップ並びにフィールドワーク、Council on Business and Society)などでの活発な活動が評価され、5 Palmsランクおよび日本地域第1位を得たものと考えられます。

*Eduniversalは1994年に創設された教育コンサルタント・サービス会社で、2007年から世界のビジネススクールのランキングを発表しています。

 

PAGE TOP