2015.11.04

東アフリカ・ケニア投資コンファレンス開催報告

10月29日、東アフリカ・ケニア投資コンファレンスが、KBS、ケニア大使館、在日本ケニア人協会(KIJA)共催により、ケニアからの使節団約20名を迎えて開催されました。KBSの国際的活動の一環として、日本のビジネス界が東アフリカ・中部アフリカ市場、特にケニアのビジネス環境や同地域での事業展開のヒントを学ぶことを目的としました。

ケニアからはマイーナ駐日大使、ムツア知事(マチャコス県)を始め、外務国際貿易省、ナイロビ証券取引所、コンザ技術開発公団(産業団地)、またChoice Microfinance BankやAfro-East Investors等の企業が参加しました。日本からは、経済産業省や外務省、JETRO、JICA、アフリカ開発銀行はもとより、多くの民間企業・組織(豊田通商、丸紅、ヤマハ発動機、日清食品、LIXIL、ロート製薬、AAIC、Malaria No More Japan、Looop、Dalberg Global Development Advisors、OSA、アフリカの花屋 Asante等)が参加・登壇し、相互に情報交換を行い、全体セッションと4つの分科会で濃密な議論と交流を行いました。

 今年は初めてKBSのMBA学生による事業プランの発表も各分科会で行われ、活発な質疑が交わされました。(KBS学生発表者:今村健一、菅愛子、方春華、藤本和樹、吉田俊之、野村隆太、兼子知恵、市川雅浩、清水陽一郎、呂ジャオイン、岡田幸士、髙宮笙子)


開催内容の詳細は次のウェブサイトを参照ください。

http://kenya-investment-conference2015.jimdo.com/

 

DSC_0095.JPG       DSC_0098.JPGのサムネイル画像

PAGE TOP