2017.01.20

委員長杯2016 KBS×Gunosy開催報告

委員長杯は、実在企業を題材に戦略提案を競う学内コンペティションとして2015年にスタートしました。第2回となる今回は、「新たな構想をつくり実現するリーダー輩出のためのアウトプット及びフィードバックを得られる場と内外ネットワーク形成の機会創出」を目的として、KBSにて寄付講座を開講している株式会社GunosyとKBS同窓会の支援を受け、「委員長杯2016 KBS×Gunosy」と題し、『ネットを活用したビジネスプラン』をテーマに、ビジネスプランコンペティションを開催いたしました。

11月27日(日)の開催当日はKBS生だけでなく、メディアデザイン研究科の学生、留学生、一部学外からの参加者も加えた全11チームによる、白熱したプレゼンテーションが行われました。審査員には、田村同窓会長、ドレイパーネクサス ベンチャーズ マネージングダイレクター倉林様、そして株式会社Gunosy福島社長、学内からは河野研究科委員長、岩本特任教授、若山講師と第一線で活躍する方々をお迎えし、、鋭い視点でのコメントを頂戴しました。

どのチームのプランも、現実社会の課題からビジネスチャンスをみつけ、インタビューや企業訪問、顧客アンケートなど具体的な調査を重ねて計画されており、既に実現に向けて動き出しているプランもありました。普段はケーススタディを通して「既存の経営環境下の課題をどのように解決、マネジメントするか」を学んでいますが、このコンペティションではゼロから新たなビジネスや価値の創出という学びを得られたと感じています。

参加者からは「各分野のエキスパートである審査員の方々のご意見から、自分達に不足している観点に気付くことができる、貴重な機会であった」、「ビジネスプランを考えることの楽しさに気づいたことが最も大きな学びだった」という声が挙がっていますので、来年度もさらにパワーアップしてKBSから新しいビジネスの芽が育つような機会にしていきたいです。

運営実行委員担当 野島朋子

keioxgunosy1.jpgのサムネイル画像 keioxgunosy2.jpgのサムネイル画像

 

PAGE TOP