2017.02.01

【2017.2.12開催】グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育 Grand Design by Japan  2016年度,フォーラム(4)

慶應義塾大学大学院経営管理研究科

グローバル・ビジネス・フォーラムによる

日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育

Grand Design by Japan 

2016年度,フォーラム(4) 

2017212日(日曜日)1500-18:00

『対立と暴走の国際関係』

The World with President Trump and the Rohingya

フォーラムの目的

アメリカ合衆国第45代大統領D.Trumpの就任を記念し,「対立し,暴走するこれからの国際関係」に関するフォーラムを実施します。主題はミャンマーの少数民族の絶望的苦境,Trump大統領がこれから作り出す国際関係です。フォーラムには国際関係論研究の論客2人をお招きし,基調講演と参加者全員による集中討議を実施します。第1の講演は,世界の紛争地域研究をリードする学習院大学法学部の村主道美教授が,ミャンマーの少数民族のRohingya(ロヒンギャ)の問題に注目し,国際関係を論じます。第2の講演はWashington DC 在住で,既存とは全く異なる視点によって,主流派コンセンサスに疑問を提起し続けている伊藤貫先生が,Anti-globalizationとTrump大統領がもたらす未知の国際関係を論じます。

 

Part I: 15:00-16:00

村主道美講師(学習院大学法学部政治学科教授) 「The World with the Rohingya」

メッセージ: ミャンマー南西部のラカイン州の,総数100万人と言われるロヒンギャは,世界で最も迫害された集団と以前から言われてきた人々ですが,彼らが難民化して危険な海を航海する映像は時々世界に流されても,彼らが現在の新しくなったとされるミャンマーの政治の中で,「国民国家」「ナショナリズム」という概念の周辺でどのようなシステマチックな抑圧を受け,この国の内政と対外関係の中でほとんど四面楚歌の状態にいるかを知り,見つけにくい改善方法を模索することは,パレスチナ問題のような悲劇をアジアの東方で繰り返さないためにも,緊急に必要なことだと思います。

 

Part II. 16:10-17:10  

伊藤貫(国際政治アナリスト,著述家) 「The World with President Trump」

メッセージ:1991年末にソ連帝国が崩壊した後,世界支配を企てたアメリカの軍事外交政策と経済政策が失敗した原因について語ります。ついで,アメリカニズムが内包する異様さと危険性についても議論します。日本,フランス,ロシア,スペイン等の国民国家 (nation state) と違い,アメリカは non-national empire です。そのような artificial な人造帝国が,自国の政治イデオロギーと粗暴な資本主義システムを他の諸文明に押し付けようとすれば,失敗するに決まっています。また,アメリカ国民自身が,そのような行為によって不幸になっています。アメリカニズムとグローバリズムに反対する者として,賛成側からの遠慮のない反論を期待します。

 

Part III 17:10-18:00

講師2人と参加者による集中討議

講師略歴

村主道美 講師 山形県出身,Ph.D. Yale University, International Studies Association

学習院大学法学部教授,研究テーマ 安全保障,沖縄,ジェノサイド,北朝鮮,中国,南アジア,東南アジア,中東,担当科目, 国際政治

 

伊藤貫 講師: 1953年生まれ,東京都出身,東京大学経済学部卒,米コーネル大学で,国際政治学を学ぶ。ワシントンのビジネス・コンサルティング会社とロビー事務所で,外交政策・金融政策のアナリストとして勤務。「フォーリン・ポリシー」,「シカゴ・トリビューン」,「ロサンジェルス・タイムズ」,「コモンウィール」,「諸君」,「正論」,「表現者」,「Voice」,「東洋経済」,「金融ビジネス」等に,外交評論と経済分析を執筆。米英の放送局(CNN,CBS,NBC,米国公共放送,BBC,ITN等)の政治番組で,経済政策と外交政策を解説。著書に「中国の核戦力に日本は屈服する」(小学館新書),「自滅するアメリカ帝国」(文春新書)など。

 

場所  慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館5F エグゼクティブセミナールーム

地図:http://www.keio.ac.jp/ja/access/hiyoshi.html

 

実施主体 慶應義塾大学大学院経営管理研究科「ビジネス・教育研究開発室」ならびに「グランド・デザイン策定の融合型教育プログラム」keio.grand.design@gmail.com

企画・監修 姉川知史 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授

参加料金 無料公開,事前申し込みをお願いします。

動画配信 動画配信も実施します。また,過去のフォーラムの動画配信は下記のとおりです。http://www.ustream.tv/channel/keio-grand-design(同時配信)

https://www.youtube.com/user/KeioGrandDesign(事後配信)

案内記録 https://sites.google.com/site/keiogranddesign/

 

申込方法 

方法1 末尾の内容をkeio.grand.design@gmail.com あるいは045-562-3502 (Fax) にお送りください。同じものはhttp://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/

http://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/index.htmlからもダウンロードできます。

方法2 メールフォーム http://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/infoforum.html

方法3 以下のフォームに氏名その他を御登録いただければ今回の参加申し込みができ,さらに,今後の企画案内送付を差し上げます。

https://anegawa.kbs.keio.ac.jp/Grand_Design_Project/application/

 

今後のフォーラム企画

2017年3月の週末,祝日Workshop『東日本大震災の危機対応II』日程未定

2017年7月-9月( 7月15-17日,22-23日,8月5-6日,9月17-18日予定)

『慶應義塾未来先導チェアシップ授業-Grand Design of Technological Innovations in Global Perspectives-Crisis, Sustainability and Health」連続講義

2016年度継続テーマ 『健康的加齢の広域学際研究と社会的実現方法』

*今後,取り上げたい企画,御助言などがあれば,担当者の姉川知史まで御連絡ください。

<本プログラムは,慶應義塾の半学半教の精神に基づいて,専門横断的,世代縦断的な少人数融合型の社会人教育により,日本発の世界のグランド・デザインの策定,実現をめざし,将来世代の教育を実施中です。学生,社会人,その他の多様な背景の方々のご参加をお待ちします。事前登録申請をお願いします。>

PAGE TOP