2018.08.09

「マーケティング戦略 報告会」開催報告

529日に「マーケティング戦略」(担当:余田拓郎教授)の最終報告会が行われました。

当日は、三菱商事エネルギー営業第一部カーフロンティア事業部の事業責任者をされている秋元晃嗣様に対して、頂いたお題に対してKBS学生によるプレゼンテーションを行いました。

秋元様からは、自社の事業である、ガソリンスタンド向けカーケア用品仕入れサイト「Another Root」及び、一般消費者向け近くでかんたんタイヤ交換サイト「TIREHOOD」の今後の中長期事業戦略と、外部環境変化に伴うガソリン需要に対してのガソリンスタンド業界全体の戦略についての2つの課題を提示頂きました。中長期事業戦略2チーム、ガソリンスタンド業界全体の戦略2チームの計4チームに分かれ約2か月間、現状分析、課題の抽出、仮説の立案及び検証を行い具体的なマーケティング提案までの準備を行いました。

検討のプロセスでは、共有頂いた初期の情報はそもそも正しいのかという議論から始まり、ガソリン事業者へのヒアリング調査や消費者アンケートを通して、チームが導出した仮説を検証し、何度も課題について深堀し検証の質を上げるとともに、リアリティのある提案になるよう努めました。

 報告会では、ビジネスの責任者である秋元様より、熱心に私たちのプレゼンに対してコメントして頂き、実際の現場の状況等を通して事業に対する強い思いを感じることができました。

このマーケティング戦略の授業を通してひとつの企業の事業モデルをじっくり検討し問題点を構造化する事で、洞察を得る力を鍛える事ができました。これまでのKBSでの学びを実践できる、非常に有意義な機会となりました。

 またこの場を借りて、このような素晴らしい機会を頂いた三菱商事エネルギーの秋元様及び、多くの時間を割いてインタビューにご対応いただいた皆様、ご協力いただいた多くの方々に御礼を申し上げます。

 

 

修士2年(M40) 柴田 穣

PAGE TOP