2019.03.20

2018年度「KBS若き血会」 開催報告

2018年12月22日(土)、慶應義塾大学三田キャンパス付近の会場にて第5回KBS若き血会を開催いたしました。

 今回で5回目を迎えた本イベントは一部、二部あわせて総勢100名を超える皆様にご参加いただきました。一部では、山根節先生(慶應義塾大学名誉教授)をお招きし、「MBAへのメッセージ:MBAに何が足りないか?学びをどう活かすのか?」をテーマにご講演いただきました。「経営者は、サイエンス(理論)・クラフト(経験値)・アート(創造的価値観)の3つの要素を持ち合わせることが重要である。今後さらに活躍していくためには、KBSで得た知識や理論だけに頼るのではなく、様々なことに興味を持ち、人間力を養わなければいけない」とのお話をいただき、MBAを活かすための心構えを改めて考える場となりました。当日は、多くの修了生にもご参加いただき、山根先生の授業風景を思い出し、懐かしんでいる方も多数いらっしゃるようでした。

 講演の熱気が冷めやらぬまま迎えた後半の懇親会は、河野研究科委員長のご挨拶と乾杯のご発声で始まり、修了生と在校生の積極的な交流も見受けられました。会の中盤には抽選会が開催され、山根先生がプレゼンターをご担当くださり、大いに盛り上がりました。

最後に、小林同窓会会長から「KBSへの恩返しの大切さと、そのために現役生と同窓生がより密接に関係を作って行くことが重要だ」とご挨拶いただき、盛会のうちに終了いたしました。

 KBSの魅力は、多様なバックグラウンドを持つ4,000人に迫る修了生とのネットワークです。年末の多忙な時期に参加していただいた修了生、教職員の皆様に感謝申し上げるとともに、今回日程の都合上ご参加いただけなかった方、また新たに入学されるM42の皆様やE5の皆様も次回の参加のご検討と、会開催へのご支援、ご協力をいただければ幸甚に存じます。「KBS若き血会」が世代を超えた縦、横の繋がりを強めていくとともに、“血のつながったビジネスパートナーとの出会いの場”になれば幸いです。

若き血会実行委員

M41 亀井 孝郁

M41栗原 誠

M41奥山 新

12集合写真.jpg20190221190050.jpg20190221190123.jpg20190221190133.jpg

PAGE TOP