2020.03.26

2019年度「KBS若き血会」 開催報告

2020年1月26日(日)、慶應義塾大学日吉キャンパスにて第6回若き血会を開催いたしました。若き血会は、KBS在校生により運営される若手同窓会であり、KBSの在校生ならびに主に修了後10 年未満の若手同窓生(MBA・EMBA)を中心メンバーとして毎年開催されています。第6回目となる本年は、在校生・修了生合わせて100名近くの方々にご参加いただきました。

第1部ではKBSのOBでもあるボストンコンサルティンググループ日本代表の杉田浩章様をお迎えし、KBS在籍時代の学びや、修了後のご経験について語っていただきました。その後、杉田様に加え、OBの森永乳業株式会社の上地様、そして在校生である深澤の3人をパネラーとし、各々のKBSに入学した理由や在学中の体験等を中心とした内容のパネルディスカッションを展開いたしました。現在とは学生の世代や属性の構成が異なっていた頃のお話は、我々の知らないKBSを知る機会ともなり非常に興味深くお話を伺うことができました。

講演の熱気が冷めやらぬまま迎えた第2部の懇親会は、次期同窓会長の前田一寿様のご挨拶と乾杯のご発声により開始されました。修了生の方々と交流することで、普段はなかなか聞くことのできない先輩方の現状や想いを知る貴重な機会となり、また、現在のKBS生の生活や動向などを知っていただく機会となったかと存じます。

年々KBSの学生の年齢構成や属性は変化しつつありますが、今後も世代を超えた縦、横の繋がりを強めていくために、年に1回の若き血会の場が、“血のつながったビジネスパートナーとの出会い”になれば幸いです。

 

若き血会実行委員会

深澤 あゆみ

若き血会集合写真.jpg

PAGE TOP