週末集中セミナー週末集中セミナー
  • HOME
  • プログラム構成
  • セミナープログラム
  • 募集要項

財務戦略集中コース

MBAの財務コースの中でも中核になっている企業価値評価、リスク管理、経営戦略における財務的思考について、集中的に検討します。M&Aの判断、経営上のリスクコントロール、成長戦略の検討と評価などの局面で経営幹部が必要とされる、財務的思考と基本的手法を理解することを目的としています。

講師陣紹介

小幡 績 OBATA , Seki

准教授

1992年東京大学経済学部卒、大蔵省(現財務省)入省、1999年退職。2000年IMF、2001年~3年一橋大学経済研究所専任講師。2001年ハーバード大学経済学博士(Ph.D.)

高橋 大志 TAKAHASHI, Hiroshi

准教授

1994年東京大学工学部卒業。1994年~1997年富士フイルム(株)研究員。1997年~2005年三井信託銀行(当時)シニアリサーチャー。2002年筑波大学大学院修士課程修了。2004年同大学院博士課程修了。2005年~2008年岡山大学准教授。2007年キール大学客員研究員。2008年より慶應義塾大学経営管理研究科准教授。博士(経営学)

齋藤 卓爾 SAITO, Takuji

准教授

2000年一橋大学経済学部卒業、2001年同大学大学院経済学研究科修士課程、2004年博士課程修了。博士(経済学)。2004年~2007年日本学術振興会特別研究員(PD)、2007年京都産業大学経済学部講師。2009年同大学経済学部准教授。2012年慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授。

2013年度のコース内容

※教材、内容、講師等は直前に一部変更になる場合がございます。

第1回 2014年2月22日(土)/ 担当:高橋大志

ケース1:『株式会社 西友(B)』

2002年、西友はウォルマートの資本参加を受けた。その後、西友は様々な形でウォルマート流の仕組みを導入するとこを試みた。しかし、西友は最終赤字から脱することはできなかった。このため、日本の金融機関は、メインバンクを含めて、西友に対して最終黒字の確保を迫った。2007年10月、ウォルマートは西友の普通株式に対して公開買付けを行い、西友を非公開完全子会社にすると発表した。このケースでは、ウォルマート流仕組みの西友への試みを検討する。

ケース2:『昭和シェル石油株式会社』

1993年2月昭和シェル石油は外国為替の先物予約取引に伴って多額の含み損を抱えたことを発表した。このケースでは、この損失への対応を検討する。

レクチャー: 「ファイナンスの基礎」

第2回 2014年3月1日(土)/ 担当:齋藤卓爾

ケース1: 『新日鉄の競争戦略と買収防衛』

2006年のミタルによるアルセロール買収成功により、新日鉄はミタルによる更なる買収のターゲットとして取りざたされるようになった。新日鉄社長の三村氏は、次々と買収防衛策とソフトアライアンス戦略の強化策を打ち出し、アルセロール・ミタルに対抗していく。しかし、株式市場では、株式持合いの強化などに対して批判的な見方も根強かった。一方、川上の資源産業では大規模な統合による寡占化が進み、鉄鋼業の原料となる鉄鉱石や石炭の価格上昇が進んでいた。アルセロール・ミタルは更なる統合による鉄鋼業の寡占化を通して、資源大手との価格交渉力の強化を目指していた。

ケース2: 『松下電器産業株式会社(C)』、『松下電器産業株式会社(D)』

松下電器産業は、1991年にアメリカのMCAを買収した。しかし、その後松下電器産業が目指したMCAとのハード・ソフト融合は必ずしも満足のいくものでなかった。このため、MCAについて、松下電器が今後どのような対策をとればよいのかを検討することになった。

レクチャー: 「 コーポレート・ガバナンス」

第3回 2014年3月8日(土)/ 担当:小幡績

ケース1: 『株式会社セブン銀行』

セブン銀行は、2005年4月27日、千葉の「Ario蘇我」にあるイトーヨーカドー蘇我店内に、セブン銀行初の有人店舗を出店した。コンビニのATMネットワークを中心とした銀行という分野でのベンチャーで大成功を収めたセブン銀行はさらなる発展を目指して、有人店舗も展開しようとしていた。金融・銀行という保守的な産業における全く新しいビジネスモデルに挑戦するベンチャーとも呼べる企業の経営戦略について議論する教材である。対応分野は、金融、財務管理、ベンチャービジネスである。

ケース2: 『JAL』

混乱の中、壮絶に破綻したJALが2年半で再上場となることとなった。
奇跡にも見えるこの復活劇はなぜ可能となったのか。政府が深く関与する企業再生およびそのプロセスの是非、再上場およびそのプロセスの是非について考える。

レクチャー: 「行動ファイナンス」

GO TOP