会計

村上 裕太郎

MURAKAMI, Yutaro

准教授

2000年上智大学経済学部経済学科卒業、2002年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、2006年同後期課程修了(博士(経済学)(大阪大学))。名古屋商科大学会計ファイナンス学部専任講師を経て、2009年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授。

専攻分野

  • 分析的会計研究
  • 税務会計

担当授業

  • 会計管理
  • タックス・プランニング

主要著書・論文

  • "Under What Conditions Does the Manager Withhold Segment Information?" Journal of Accounting, Auditing & Finance, forthcoming. (共著)
  • 「会計情報と報酬契約の関係を巡る理論と実験の乖離:説明の根拠を巡って」,『同志社商学』,第73巻1号, 63-96頁, 2021年.(共著)
  • 「働く動機づけとしてのキャリア・コンサーン」,『人事評価の会計学―キャリア・コンサーンと相対的業績評価』,第2章,中央経済社,2021年.
  • 「不動産投資シミュレーションの教育実践」,『会計教育研究』,第8巻,45-58頁,2020年.(共著)
  • 「MBA学生に向けた税務教育」,『会計教育研究』,第8巻,20-29頁,2020年.
  • 「タイムリーな情報を可視化する」,『企業会計』,第72巻8号,99-107頁,2020年.(共著)
  • "Which decision rights should be delegated to a lower hierarchy?" Proceedings of Korean Accounting Association Annual Global Meeting 2020. (共著)
  • "Conformity Pressure and Compensation Contracts," Proceedings of the 31st Asian-Pacific Conference of International Accounting Issues, Warsow, 2019. (共著)
  • 『ビジネス・アカウンティング 第4版』,中央経済社,2019年.(共著)
  • "Contract Rigidity and Timeliness of Accounting Information," Proceedings of the 30th Asian-Pacific Conference of International Accounting Issues, San Francisco, 2018. (共著)
  • "A Theory of Tax Avoidance and Geographic Segment Disclosure," American Accounting Association Annual Meeting Paper, 2017. (共著)
  • 「税務コンプライアンスを科学する:分析的研究・実験研究の挑戦」,『企業会計』,第68巻9号,43-51頁,2016年
  • “Voluntary Disclosure and Value Relevance of Segment Information,” American Accounting Association Annual Meeting Paper, 2016. (共著)
  • 『なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?-図だけでわかる財務三表-』,東洋経済新報社,2016年.
  • 「タックス・コンプライアンス実験研究の現状と展望」,『同志社商学』,第67巻5・6号, 575-600頁, 2016年.(共著)
  • 「脱税行動の実験的検証」,『企業会計』,第68巻1号,6-7頁,2016年.
  • "Tax Compliance with Strategic Auditors: An Experimental Study," American Accounting Association Annual Meeting Paper, 2015. (共著)
  • "Book-Tax Conformity and Compensation Contracts," Proceedings of the 26th Asian-Pacific Conference of International Accounting Issues, Tallinn, 2015. (共著)
  • "Accrual-based and Real Earnings Management in Dynamic Setting," Proceedings of 11th EIASM Workshop on Accounting and Economics, 2014.(共著)
  • 「外国人投資家の存在が企業の税負担削減行動に与える影響」,慶應経営論集,2013年,pp. 61-87。(共著)
  • 「地方分権化が経済厚生および経済成長率に与える影響」,『地方分権化への挑戦―「新しい公共」の経済分析―』,第3章,大阪大学出版 会,2012年。
  • 「減価償却が企業の設備投資行動に与える影響-平成19年度税制改正は企業の設備投資を促進させたのか-」,第7回「税に関する論文」入選論文 集,2011年,pp. 53-81。(共著)
  • 「移転価格税制における二国間事前確認制度(BAPA)のモデル分析」,『分析的会計研究-企業会計のモデル分析-』,第9章,中央経済社,2010年。
  • 「地域間再分配政策と経済厚生-動学モデルによるアプローチ-」,大阪大学経済学,第59巻3号,2009年,pp. 168-183。
  • "Does Firm Strategy Have Systematic Effects in Predicting Future Cash Flows ?," Osaka City University Business Review, No.20, pp. 15-24, 2009.(共著)
  • 「利益マネジメントの動学モデル」,名古屋商科大学総合経営・経営情報論集,第53巻1号,2008年,pp. 105-115。(共著)
  • 「移転価格税制における2国間事前確認制度 (BAPA)」,名古屋商科大学総合経営・経営情報論集,第52巻2号,2008年,pp. 149-158。
  • 「企業戦略が会計情報の特性に与える影響」,名古屋商科大学総合経営・経営情報論集,第52巻1号,2007年,pp. 115-130。(共著)
  • 「地方分権化が国税と地方税の最適税率および経済成長率に及ぼす影響についての考察」,名古屋商科大学総合経営・経営情報論集,第51巻2号,2007年,pp. 231-245。
  • "Vertical Intergovernmental Relationship and Economic Growth," Economics Bulletin, Vol.8, No.12, 1-10, October 2006.
  • 「銀行業におけるソフトウェア資本の最適投資-日経NEEDS銀行財務データを用いたパネルデータ分析-」,大阪大学経済学,第55巻第2号,2006年,pp. 74-84。(共著)

自主研究

  • 会計利益と課税所得の一致の程度に関する比較制度分析

PAGE TOP