マーケティング

坂下 玄哲

SAKASHITA, Mototaka

准教授

m_sakash【AT】kbs.keio.ac.jp
※【AT】を@に置き換えてください

1999年神戸大学経営学部卒業、2001年同大学大学院経営学研究科博士前期課程修了(修士(商学))、2004年同後期課程修了(博士(商学))。上智大学経済学部経営学科専任講師を経て、2007年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授となる。2013年ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院客員准教授。2015年よりノースウエスタン大学メディルスクールRetail Analytics Councilリサーチフェロー。

専攻分野

  • ブランド・マネジメント
  • 消費者行動

担当授業

  • マーケティング
  • 消費者行動

主要著書・論文

  • "The Role of Food in Driving Engagement with Luxury Brands," (Proceedings of LVMH-SMU Research Conference at Singapore Management University, forthcoming, 共著)
  • "What Information Do Opinion Leaders and Opinion Seekers Search for Online?," (Journal of Retail Analytics, Volume 12, Issue 3, 2015, 共著)
  • "Communicating through brand websites to create unique brands," (Advances in Advertising Research Vol. VII: Bridging the Gap between Advertising Academia and Practice, forthcoming)
  • 「消費者の個人差要因と情報探索行動の関連性分析」(慶應経営論集第32巻第1号, 2015)
  • 「ブランドサイト閲覧目的と閲覧行動の関係性分析―オピニオンリーダーとオピニオンシーカー―」(季刊マーケティングジャーナル Vol.34 No.2, 2014, 共著)
  • "Sharing from social comparison theory perspective: A cross-cultural study of French and Japanese adolescent daughters' mothers," (European Marketing Academy 42nd Annual Conference Proceedings, 2013,共著)
  • 「ブランド・エクステンション」『朝倉実践心理学講座(第2巻)マーケティングと広告の心理学』 第3章 (朝倉書店, 2013)
  • "Fashion Shareing between Mother and Her Adlescent Daughter: Comparative Study of France and Japan," (経営志林, 第49巻4号, 2013, 共著)
  • "Mother possessing Daughter: Dual role of Extended Self," 『The Routledge Companion to Identity and Consumption』第3章 (Routledge, 2012, 共著)
  • 「ファッション購買意思決定への家族からの影響に関する考察:拡張自己概念を手がかりに」 (経営志林 第49巻2号, 2012, 共著)
  • 「オンライン情報探索がブランド・パリティーに与える影響~クリックストリーム分析による探索的研究~」 (季刊マーケティングジャーナル Vol.31 No.2, 2011)
  • 「母娘の関係性を読み解く:カタログショッピングにおけるコミュニケーションを手がかりに」 (季刊マーケティングジャーナル, Vol.30 No.3, 2011, 共著)
  • "An Exploratory Study of Limited Information Acquisition: Do Brand Names make Product Evaluations Easy?," (Psychologia, Vol.53 No.4, 2010)
  • "Daughter as Mother's Extended Self," (European Advances in Consumer Research, Vol.9, 2010, 共著)
  • 「製品開発局面における成分ブランドの効果―空気清浄機の開発事例を手がかりに」『日本型マーケティングの新展開』第12章, (有斐閣, 2010, 共著)
  • 「マーケティング・リサーチ」『ベーシック・マーケティング』第2章, (同文舘出版株式会社, 2010)
  • 「消費者購買意思決定」 (一橋ビジネスレビュー, 第57巻第3号, 2009)
  • 「消費者の情報処理と意思決定」「ブランド構築と消費者行動」『産業・組織心理学ハンドブック』IV-2&22, (丸善株式会社, 2009)
  • 「カタログショッピングにおける購買意思決定プロセスに関する研究ー同伴者による比較ー」 (経営志林第46巻第1号, 2009, 共著)
  • 「理想自己の決定主体ー母娘関係と友人関係のノンバーバル・コミュニケーション比較ー」 (経営志林第46巻第2号, 2009, 共著)
  • 「リピート購買要因の探索的研究~トライアル購買との関連を手がかりに~」 (季刊マーケティングジャーナル, Vol.28 No.3, 2009, 共著)
  • 「消費者情報探索:論点と方法」 (季刊マーケティングジャーナル, Vol.28 No.2, 2008)
  • 「生産と流通の分業関係の変化」『1からの流通論』第14章, (碩学舎, 2008)
  • 「購買行動の反復性要因を探る」 (日経広告研究所報42巻1号, 2008, 共著)
  • 「情報社会が生み出す諸問題」『ハイブリッド・コミュニティ』第2章, (日本経済評論社, 2007)
  • "How Consumers Evaluate Products: Information Acquisition Strategy by Brand Names or Attributes," (Proceedings of the Society for Consumer Psychology, 2007)
  • 「成長を模索する同窓会サイト」『仮想経験のデザイン』第1章, (白桃書房, 2006, 共著)
  • 「コミュニケーションを誘発するブログ・サイト」『仮想経験のデザイン』第4章, (白桃書房, 2006, 共著)
  • 「消費者行動のモデル化の試み : 歴史的経緯」 (上智経済論集 第50巻第1・2合併号, 2005)
  • "The Effect of Brand Knowledge on Consumer Information Search," (Proceedings of the Society for Consumer Psychology, 2004)
  • 「消費者の選択的情報取得の2類型に関する実証研究 : 属性とブランド」 (神戸大学大学院経営学研究科博士論文, 2004)
  • 「情報取得プロセスにおけるブランドの影響-ブランド主導型情報処理の提起-」 (消費者行動研究9巻1・2号, 2003)
  • 「ブランドが購買意思決定に与える影響」 (流通研究4巻2号, 2001)

自主研究

  • 小売店舗における購買行動に関する研究
  • 消費者の個人特性が選択行動に与える影響に関する研究
  • オムニチャネルに関する研究
  • ブランドパリティーに関する研究
  • クリックストリーム分析によるコミュニケーション効果に関する研究
  • ブランド拡張に関する研究
  • 自己概念と関係性に関する研究

PAGE TOP