ジョイントディグリープログラム

医学研究科

本研究科と本塾医学研究科の間で、ビジネス教育並びに医学教育のさらなる融合によりビジネスと医学双方に通じた人材を育成することを目的としてつくられたプログラムです。具体的には、本研究科と医学研究科に設置された共通科目を履修し双学位課程修了に伴い修士(経営学)取得後最短1年で修士(医科学)が授与されます。

本研究科での履修内容

本研究科在学時に、医学研究科の提供する科目、本研究科が提供する「産業経済分析:ライフサイエンス産業」ならびに「ヘルスケアポリシー」を履修することが必要です。ただし、この2科目はKBSでの修了単位を超えて取得することが必要。本研究科修了後、医学研究科の入試に合格した学生は、医学研究科に入学します。

医学研究科での履修内容

必修科目26単位、選択科目4単位、計30単位の取得を持って課程修了の要件とします。ただし本研究科在籍中に取得した医学研究科の科目、「産業経済分析:ライフサイエンス産業」ならびに「ヘルスケアポリシー」を、医学研究科の学位取得のための単位として、医学研究科が認定することができます。

(参考)慶應義塾大学大学院医学研究科

薬学研究科

本塾大学薬学部薬科学科の新卒学生で本制度により本研究科に入学した学生、または他大学薬学部を卒業して本研究科に入学した学生が、本制度により引続いて薬学研究科に入学した場合、最短で1年間で修士(薬科学)を修了し、計3年間で2つの学位を取得できるプログラムです。

本研究科での履修内容

本研究科在学時に薬学研究科の科目を履修することができます。ただし、当該の科目は経管研の修了単位には含めません。

薬学研究科での履修内容

本研究科在学時に修得した本研究科設置科目の単位または薬学研究科設置科目の単位は、合わせて10単位を上限に認定することができます。ただし薬学研究科としては、本研究科在学時に修得してくるべき科目の指定はありません。

(参考)慶應義塾大学大学院薬学研究科

PAGE TOP