2020.12.17

(重要)週末集中セミナー 革新的組織マネジメント集中コース開催方法変更について

週末集中セミナー 革新的組織マネジメント集中コースにおける開催方法変更について

(2021年2月27日、3月6日、3月13日)

 

2020年12月17日

慶應義塾大学ビジネス・スクール

校長 余田 拓郎

セミナーディレクター 坂爪 裕

 

2021年2月27日(土)から3回連続で開催を予定しております週末集中セミナー「革新的組織マネジメント集中コース」について、この度、オンライン方式での開催に変更させていただきたく、ここにお知らせいたします。

 

11月中旬より、新型コロナウイルスの感染が全国的に再度拡大し始め、連日、各都道府県で過去最多の新規感染者が確認されつつあります。慶應義塾大学ビジネス・スクールとしても、感染拡大状況をモニターしつつ、開催方法について慎重に検討・協議を重ねて参りましたが、何よりも受講生の皆様、並びに教職員の健康および安全を最優先に考慮し、今回のセミナーでは、当初予定していた対面形式での開催ではなく、オンライン形式でのセミナー開催に変更させていただくことになりました。ご受講予定の皆様、並びにご派遣担当者様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

 

慶應義塾大学ビジネス・スクールでは、経営幹部セミナーおよび週末集中セミナー(マーケティング集中コース)において既に全面オンライン形式でのセミナーを開催しております。オンライン形式に変更しても、教育の内容、討議方法について、大きな変更はございません。以下に、オンライン形式(Zoom)での週末集中セミナーのプログラム骨子・教授方法・オンライン開催に向けた対策についてご説明申し上げます。受講を検討いただく際の一助となれば幸いです。

 

1、プログラムの骨子

土曜日全3回のプログラムの骨子(取り扱うケース数・講義等)については変更ございません。

 

2、各ケースの教授方法

通常通りグループ討議・クラス討議を行い、各ケースで取り上げられている課題および解決の方向性について、理解を深めていただくプロセスについて変更はございません。また、各講師がクラス討議で行う問いかけ(設問)、受講生からいただいた発言内容をまとめていくプロセスについても、原則として、ホワイトボード機能を用いた授業配信を予定しておりますので、ほぼ変更はないと考えております。

 

3、オンライン形式(Zoom)でのセミナー開催に向けた対策

オンライン形式でのセミナー開催においては、Zoomという会議システムに習熟していただくとともに、オンライン形式においても活発な討議が行われるよう、開講日の数日前に、接続テスト・使用方法の説明を行う場(任意参加)を設定させていただきたいと考えております。受講希望者様が安心してご受講いただけるよう通信環境の確認を行うとともに、通信機器に慣れていただければと考えております。具体的な接続テストの日程については、別途お知らせいたします。

 

以上の対策を通じて、オンライン形式のセミナーに変更しても、従来の対面形式によるセミナーと同等の受講効果を感じていただけると考えております。ご検討のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

なお、ご受講いただくにあたっては、受講上の注意事項に同意いただく必要がございます。お申込みいただいた方に後日別途ご案内させていただきますので、ご確認いただくようお願いいたします。また、最少催行人数に達しない場合、開催を中止とさせていただくこともございますので、予めご了承ください。

 

※すでに受講者登録をいただいておりますご受講予定者様およびご派遣担当者様には別途メールにてご連絡差し上げます。

 

本件に関する問い合わせ先

慶應義塾大学ビジネス・スクール

セミナー担当

seminar@kbs.keio.ac.jp

PAGE TOP