教員トピックス

高橋大志教授の共同研究「特許分析を通じた企業価値算定手法の構築 -特許文書ベクトルによる IPO 公開価格の評価-」が人工知能学会の「研究会優秀賞」に選ばれました
磯辺剛彦教授の著書『世のため人のため、ひいては自分のための経営論』(白桃書房)が、1月24日の日刊工業新聞の「話題の本」のコーナーで紹介されました
清水勝彦教授の寄稿文「パワハラ、市場原理で防げ」が日本経済新聞(2019年12月18日朝刊「私見卓見」)に掲載されました
山尾佐智子准教授がアカデミー・オブ・マネジメント(AOM)、インターナショナル・マネジメント・ディビジョン総会において、総勢496名のレビューアー(論文査読者)の中から、35名のベスト・レビューアー(優秀査読者)の一人に選ばれました。
磯辺剛彦教授の記事「内閣支持率の信憑性:世論調査に潜む偏り」が静岡新聞の「時評」(2019年9月4日)に掲載されました
磯辺剛彦教授の著書『世のため人のため、ひいては自分のための経営論:ミッションコア企業のイノベーション』がPRESIDENT(2019年8月30日号)の「 新刊紹介」のコーナーで取り上げられました
磯辺剛彦教授の記事「農業の未来担うJA:マネジメント力が鍵」が静岡新聞「時評」(2019年7月4日)に掲載されました
磯辺教授の書籍『世のため人のため、ひいては自分のための経営論:ミッションコア企業のイノベーション』が静岡新聞(2019年6月21日)で紹介されました
清水勝彦教授が株式会社ドリコム(東証マザーズ)の取締役・監査等委員(社外取締役)に就任します(6月25日株主総会で最終決定)
磯辺剛彦教授の記事「揺らぐ24時間営業:働き方考える契機に」が静岡新聞「時評」(2019年5月8日)に掲載されました
磯辺剛彦教授の記事『金物問屋が介護リフォーム業に挑んだワケ』がYahoo!ニュースで紹介されました
磯辺剛彦教授の著書『世のため人のため、ひいては自分のための経営論:ミッションコア企業のイノベーション』が白桃書房から刊行されました
清水勝彦教授の記事「中期経営計画づくりがビジネスチャンスを奪う理由」がプレジデント(2019年4月29日号)に掲載されました
「デジタル時代の金融産業論:フィンテック概論」の開始について
磯辺剛彦教授の記事「活動休止発表の嵐:優れた”事業モデル”」が静岡新聞「時評」(2019年3月7日)に掲載されました。
大林厚臣教授の著書「ビジネス経済学」がダイヤモンド社から刊行されました
高橋大志教授の著書「Innovative Approaches in Agent-Based Modelling and Business Intelligence」がSpringer社から刊行されました
岩本隆特任教授と新改敬英研究員の論文が日本ホスピタリティ・マネジメント学会奨励賞を受賞しました
齋藤卓爾准教授の記事「経済教室」が1月21日付け 日本経済新聞(朝刊)に掲載されました。
磯辺剛彦教授の記事「子ども視点で50億円! 豆腐店の優しい志」がPRESIDENT(2019年1月14日号) に掲載されました
清水勝彦教授がベルリンで開催される4th Conference on ERROR MANAGEMENTにて講演を行います
YJキャピタル代表取締役社長の堀新一郎さんに来ていただきました
磯辺剛彦教授の記事「これからのモノづくり:新しい価値吹き込む」が静岡新聞「時評」(2018年10月18日)に掲載されました。
2018年度「アントルプレナー戦略(株式会社Gunosy寄付講座)」が始まりました
清水勝彦教授の著書『機会損失: 「見えない」リスクと可能性』が東洋経済新報社から刊行されました
岩本隆特任教授の共著の書籍「HRテクノロジーで人事が変わる」が株式会社労務行政から刊行されました
磯辺剛彦教授の記事「西日本豪雨の教訓 過小評価の危険学を学ぶ」が静岡新聞「時評」(2018年8月22日)に掲載されました。
磯辺剛彦教授の記事「ギブソンの経営破綻 伝統企業消える理由」が静岡新聞「時評」(2018年7月21日)に掲載されました
磯辺剛彦教授の記事「輝け!中小企業の星 金物問屋、介護リフォーム業に転じる」がPRESIDENT(2018年7月16日号)に掲載されました
シャンカー サヴィータ特任准教授の記事『The Missing Middle in Microfinance』が CoBS eMagazine Global Voice 04 に掲載されました

PAGE TOP