教員トピックス

河野宏和研究科委員長の取材記事「改革進める刺激に 初認証校の慶応大・河野教授に聞く 社会貢献ビジョン重要」が日本経済新聞2017年9月20日朝刊に掲載されました
石田英夫名誉教授の新著「人こそをかしけれ ある経営学者の回想」がサノックス社から出版されました
高橋大志教授の共同研究「金融規制が金融システムの安定性や金融機関行動に与える影響についてのシミュレーション」が人工知能学会の「研究会優秀賞」に選ばれました
小幡績准教授の取材記事「タカタ失われた10年 甘えの構造、危機意識に蓋 」が日本経済新聞6月17日朝刊に掲載されました
河野宏和研究科委員長の取材記事「“優勝劣敗”進む国内ビジネススクール」が読売プレミアム(2017年6月14日「ニュース考」)に掲載されました
清水勝彦教授の連載「経営書を読む 三枝匡著『戦略プロフェッショナル』(4)」が日本経済新聞5月20日朝刊とNIKKEI STYLE(電子版)に掲載されました
清水勝彦教授の連載「経営書を読む 三枝匡著『戦略プロフェッショナル』(3)」が日本経済新聞5月13日朝刊とNIKKEI STYLE(電子版)に掲載されました
清水勝彦教授の連載「経営書を読む 三枝匡著『戦略プロフェッショナル』(2)」が日本経済新聞5月6日朝刊とNIKKEI STYLE(電子版)に掲載されました
清水勝彦教授の連載「経営書を読む 三枝匡著『戦略プロフェッショナル』(1)」が日本経済新聞4月29日朝刊とNIKKEI STYLE(電子版)に掲載されました
齋藤卓爾准教授の記事「企業統治改革の課題(中)真の経営トップ 明示を」が日本経済新聞(2017年4月4日(火)、29面 経済教室)に掲載されました。
清水勝彦教授の記事「なぜ東芝は巨額の損失を負う事態に陥ったのか?」がPRESIDENT(2017年4月17日号)に掲載されました
清水勝彦教授の著書『リーダーの基準 「あたりまえ」を疑う必要性』が日本経済新聞3月25日朝刊の書評に掲載されました
河野宏和研究科委員長の取材記事「経営者教育なくして成長なし」が日本経済新聞(2017年3月16日、31面 経済教室「私見卓見」)に掲載されました。
清水勝彦教授の新著『リーダーの基準  見えない経営の「あたりまえ」』が日経BP社から発行されました
清水勝彦教授の取材記事「ゴーン日産社長退任 専門家に聞く」が日経産業新聞(2017年2月24日,13面)に掲載されました
磯辺剛彦教授の記事「中小企業の星 ユニクロのジーンズの8割を生産」がPRESIDENT(3月20日号)に掲載されました
清水勝彦教授の論文「良い失敗とコミュニケーション」が一橋ビジネスレビュー 2016年冬号に掲載されました。
田中滋名誉教授が「The 4th Health Policy Decision Makers Forum Asia-Pacific」で講演しました。
河野宏和研究科委員長が「The 6th International Business School Shanghai Conference」で講演しました。
山本晶准教授の記事「ビジネススクール流知的武装講座 クチコミをマーケティングに活かせないのはなぜか?」がPRESIDENT(11月14日号)に掲載されました。
磯辺剛彦教授の記事「会津の漆塗りが欧州で受け入れられた理由~会津若松市・坂本乙造商店」がPRESIDENT Online(2016年10月18日)に掲載されました。
岩本 隆特任教授の対談記事「サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは」が、日本の人事部(2016年9月13日)に掲載されました。
岩本 隆特任教授の記事「AI活用で人間本来の知的作業の時間が生まれる」が、経済界(2016年8月23日発刊)に掲載されました。
磯辺剛彦教授の記事「中小企業の星 漆塗りの凄技、欧州へ」がPRESIDENT(9月12日号)に掲載されました。
岩本 隆特任教授の共著の書籍「ロビイングのバイブル 」がプレジデント社から発行されました。
林高樹教授の新著「金融市場の高頻度データ分析 ―データ処理・モデリング・実証分析―」が朝倉書店から発行されました。
村上 裕太郎准教授の新著「なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?」が東洋経済新報社から発行されました。
清水勝彦教授の論文がJournal of International Management 誌で、2015年もダウンロードトップ3(2015年は2位)にランクされました。
清水勝彦教授の著書『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』が日本経済新聞7月3日朝刊の書評に掲載されました
余田拓郎教授の新著「BtoB事業のための成分ブランディング:製品開発と組織購買への応用」が中央経済社から発行されました。

PAGE TOP