ニュース

2014.12.26
Schulich International Case Competition 参加報告
2014.12.25
「ヘルスケア・マネジメント・イノベーション寄附講座」セミナーの申込受付を開始しました。
2014.12.25
岩本隆特任教授の寄稿記事「人事とビッグデータ」が2015年1月号人材教育に掲載されました。
2014.12.24
KBS公開講座「『吉野家とゼンショー』のケース・ディスカッション」(村上裕太郎准教授)の 紹介記事(下) 「ライバルが追随できない商品は何か」が日経ビジネスオンラインに掲載されました(全3回)。
2014.12.24
2014年度KBS公開講座 第7回 大林厚臣 教授 「企業と社会のリスクマネジメント」開催報告を公開しました。
2014.12.22
清水勝彦教授の連載「ビジョンと現実のジレンマにどう立ち向かうか ロジカル・インクリメンタリズム(さじ加減)のすすめ」が日経ビジネスオンラインに掲載されました。
2014.12.19
Business in Japan TVのMBA特集でKBSが紹介されました。
2014.12.18
清水勝彦教授の連載『「ワクワクするビジョン」のパラドックス期待は重荷にもなる』が日経ビジネスオンラインに掲載されました。
2014.12.17
KBS公開講座「『吉野家とゼンショー』のケース・ディスカッション」(村上裕太郎准教授)の 紹介記事(中) 「『どの企業が、なぜ儲かっているのか』を知ろう」が日経ビジネスオンラインに掲載されました(全3回)。
2014.12.15
CoBS東京フォーラムのビデオが掲載されました。
2014.12.10
KBS公開講座「『吉野家とゼンショー』のケース・ディスカッション」(村上裕太郎准教授)の 紹介記事(上) 「ディズニーランドはなぜ儲かるか」が日経ビジネスオンラインに掲載されました(全3回)。
2014.12.10
岡田正大教授の論文「CSVは企業の競争優位につながるか:新たな企業観の行方」がDIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー2015年1月号に掲載されました。
2014.12.08
Executive MBA開講記念特別フォーラム開催報告を公開しました。
2014.12.08
【2014.12.23開催】グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育 Grand Design by Japan 2014年度フォーラム (3)
2014.12.08
KBSの紹介記事がCNN English Express 2015年1月号(P.15)に掲載されました。
2014.12.04
KBSの紹介記事が総合ビジネス誌「財界」新年特大号(P.93)に掲載されました。
2014.12.02
東洋経済ONLINEに掲載されている「在校生紹介」、「提携校紹介」、「留学生体験記」が更新されました。
2014.12.01
AAPBS年次総会(設立10年記念)参加報告を公開しました。
2014.11.21
【2-3月開講】「ケースメソッド教授法セミナー」 アドバンスモジュール受講申 込受付中(12/14締切)
2014.11.20
2014年度公開講座シリーズ第6回 村上裕太郎准教授「『吉野家とゼンショー』のケース・ディスカッション」開催報告を公開しました。
2014.11.19
清水勝彦教授の連載「なぜ愛は急に失われるのか? 人間組織が持つ『不確実』の多面性と非対称性」が日経ビジネスオンラインに掲載されました。
2014.11.18
MBA EXPO 2014AW開催報告を公開しました。
2014.11.13
EMBAプログラムの時間割(予定)を掲載しました。
2014.11.11
東洋経済ONLINEに掲載されている「在校生紹介」と「提携校紹介」が更新されました。
2014.11.11
【2014.12.11開催】2014年度公開講座 第7回 大林厚臣教授「企業と社会のリスクマネジメント」申込受付を開始しました。
2014.11.05
ケニア共和国特命全権大使 ベンソン H.O. オグトゥ氏がKBSを訪問されました。
2014.11.04
Design Thinking に関するMikal Hallstrup氏(Designit)による特別講演開催報告を公開しました。
2014.11.04
【2014.11.23開催】グローバル・ビジネス・フォーラムによる日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育 Grand Design by Japan 2014年度フォーラム (2)
2014.10.30
2014年度公開講座シリーズ第5回 坂下玄哲准教授「消費者行動とブランド・マネジメント」開催報告を公開しました。
2014.10.29
日本経済新聞未来面に修士2年生小林啓吾君のアイデアが紹介されました。

PAGE TOP