第64回高等経営学講座 開催報告

高等経営学講座は、毎年夏ハーバード・ビジネス・スクール 等海外の諸大学から第一線級の講師陣を迎え開講しております。 2019年7月16日(火)~7月24日(水)〔8泊9日〕帝国ホテル大阪 にて、第64回高等経営学講座を開講しました。

招聘教員

Rawi E. Abdelal

Rawi E. Abdelal
ハーバード・ビジネス・スクール教授
Herbert F. Johnson Professor of International Management
Harvard Business School

講演者

石田一郎

石田 一郎
株式会社朝日広告社
取締役 上席執行役員

長谷山 彰

長谷山 彰
慶應義塾長

KBS講師陣

浅川 和宏 井上 哲浩(セミナー主管) 大林 厚臣 岡田 正大小林 喜一郎齋藤 卓爾坂下 玄哲 坂爪 裕 清水 勝彦 高橋 大志(セミナー副主管) 中村 洋 山尾 佐智子(セミナー副主管)

拡がる競争、拡がるマネジメント

第64回高等経営学講座は7月16日から9日間の日程でスタートしました。今回のテーマは「拡がる競争、拡がるマネジメント」で、23業種・49社のトップ層80名の方々にご参加いただきました。

初日の慶應義塾の長谷山彰塾長による講演「慶應義塾と産学連携の歴史」に続き、2日目から総合経営、マーケティング、組織マネジメントなど多様な分野にわたり毎日2つのケース討議が行われました。

中日の5日目は前半の学びを振り返り、株式会社朝日広告社の石田一郎取締役上席執行役員を迎え、「SDGsの現在とコミュニケーション」と題し「SDGsの意義」「各セクターにおける動向」「SDGsのコミュニケーションとしてのSDGsブランディング」などに関してご講演いただいた後、積極的な質疑応答を含め、計1時間半にもわたり議論されました。

最後の3日間は、競争戦略および政府・国際経済の大家であるハーバード・ビジネス・スクールのRawi E. Abdelal教授が加わり、ポピュリズム、格差、グローバル化への対抗、極化、中国の新常態についてケース討議が行われました。最終日には「不安定化する世界」というテーマで、右派におけるポピュリズム、左派におけるポピュリズムの視点から、今後の世界情勢を熱く議論していただきました。参加者の満足度も非常に高かったと思います。

なお同セミナー最終日夜に三田キャンパスで開催されたAbdelal教授の特別公開講座も大盛況のうちに終了しました。

第64回高等経営学講座 主管 井上哲浩

PAGE TOP